社 会 福 祉 法 人 泰 福 祉 会
母子生活支援施設とは

 

母子生活支援施設とは


児童福祉法に定められる施設

<児童福祉法第38条>
母子生活支援施設は、配偶者のない女子又はこれに準ずる事情にある女子及びその者の監護すべき児童を入所させて、これらの者を保護するとともに、これらの者の自立の促進のためにその生活を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする。

18歳未満の子どもを養育している母子家庭、または何らかの事情で離婚の届出ができないなど、母子家庭に準じる家庭の女性が、子どもと一緒に利用できる施設です。
(特別な事情がある場合、例外的に入所中の子どもが満20歳になるまで利用が可能です)

 

 

施設を利用するには



現在住んでいる所を管轄する福祉事務所が窓口となります。(福祉事務所は、おおよそ市(区)及び郡(町村)単位で設置されています)

福祉事務所には、母子・母子家庭の相談窓口があり、相談内容をふまえ、適切なサービスや施設について説明を受けられます。母子生活支援施設の利用申し込みも、これらの相談の中で進めることになります。

 

費用は



施設利用に関わる費用は、住民税や所得税の税額に応じて決まります。
 


 

Copyright (C) 2005 TAI  FUKUSHKAI  All  Right  Reseved